くまモン

ゆるきゃらのなかでも人気の高いキャラクターがいます。
それはくまモンというキャラクターです。
2011年に九州旅客鉄道(JR九州社)九州新幹線全体面開通に伴い誕生したキャラクターです。
九州新幹線は熊本は終着駅ではないため、通過駅ととして扱われ、観光客の増加などに不安を抱いており、熊本をアピールする為に生み出されました。
官公庁のキャラクターというと正統派なイメージのキャラクターが多かったのに対して、くまモンはとぼけた表情をしており、官公庁のキャラクターらしくないところがウケて広がっていったと言われています。
もともとは九州新幹線開業までのキャンペーンキャラクターという位置づけでしたが、人気が出たため熊本県のPR活動に使われる事になりました。
熊本県のアピールのために日本全国に出没しておりTwitter・Facebookなどソーシャルメディアも活用したPR活動が行われています。
2011年に開催されたゆるキャラグランプリでは見事王者に輝いていおり、
彦根市の「ひこにゃん」、奈良県の「せんと君」などに肩を並べる、全国屈指の知名度を誇るゆるキャラに成長しています。
最近では船橋市の「ふなっしー」がテレビによく出ていたり、キャラクターを使用した地域PRを活動が熱気を帯びています。